カテゴリー

1085
PUBLIC ARTS HERE
吉岡堅二 / くじゃく窓

吉岡堅二 / くじゃく窓

JR新橋駅の地下ホームへと降りる通路に飾られたステンドグラス。 烏森改札から入って右奥へ進んだところにある。 新橋駅の地下ホーム開業を記念したもので,制作のためのガラスは欧州から直接取り寄せられ,完成まで約1年の月日が費...
>続きを読む
宮下芳子 / 新宿の目 "L'OEIL DE SHINJUKU"

宮下芳子 / 新宿の目 “L’OEIL DE SHINJUKU”

田畑一作 / 花信風

田畑一作 / 花信風

千歳烏山駅から徒歩1分、区民センターに併設された公園入口にある女性像。 1915年京都出身の彫刻家。大地の生命力、自然と調和する造形を追求した作家。 花信風とは花が咲くのを知らせる風のことで、初春から初夏にかけて吹く風を...
>続きを読む
朝倉響子 / ジル "Jill"

朝倉響子 / ジル “Jill”

1925年生まれ。彫刻家朝倉文夫の次女で細身の人物像を多く製作している彫刻家。 つま先をたてて座る若い女性の像。
HITOTZUKI / 無題

HITOTZUKI / 無題

2015年10月に天王洲アイルで開催されたミューラル(壁画)アートフェスティバルイベント『POW! WOW! JAPAN』の際に制作された壁画。 『POW! WOW! JAPAM』
MARK DEAN VECA / 無題

MARK DEAN VECA / 無題

2015年10月に天王洲アイルで開催されたミューラル(壁画)アートフェスティバルイベント『POW! WOW! JAPAN』の際に制作された壁画。 『POW! WOW! JAPAM』
JAY SHOGO / 無題

JAY SHOGO / 無題

2015年10月に天王洲アイルで開催されたミューラル(壁画)アートフェスティバルイベント『POW! WOW! JAPAN』の際に制作された壁画。 『POW! WOW! JAPAM』
FRANKIE CIHI / 無題

FRANKIE CIHI / 無題

2015年10月に天王洲アイルで開催されたミューラル(壁画)アートフェスティバルイベント『POW! WOW! JAPAN』の際に制作された壁画。 『POW! WOW! JAPAM』
COOK ONE / 無題

COOK ONE / 無題

2015年10月に天王洲アイルで開催されたミューラル(壁画)アートフェスティバルイベント『POW! WOW! JAPAN』の際に制作された壁画。 『POW! WOW! JAPAM』
DRAGON76 / 無題

DRAGON76 / 無題

2015年10月に天王洲アイルで開催されたミューラル(壁画)アートフェスティバルイベント『POW! WOW! JAPAN』の際に制作された壁画。 『POW! WOW! JAPAM』
case maclaim / エドモンド本田

case maclaim / エドモンド本田

2015年10月に天王洲アイルで開催されたミューラル(壁画)アートフェスティバルイベント『POW! WOW! JAPAN』の際に制作された巨大壁画。 『POW! WOW! JAPAM』
a bathing ape / BAPE KIDS

a bathing ape / BAPE KIDS

アパレルブランド「a bathing ape」のキッズライン「BAPE KIDS 原宿」店舗の壁画。 BAPE KIDS HARAJUKU @Harajuku, Tokyo from @ART on Vimeo. a b...
>続きを読む
脇田愛二郎 / HELIX

脇田愛二郎 / HELIX

制作年不祥 渋谷駅から約15分ほど歩いた住宅街の中にある公園入口に設置された作品。 螺旋をモチーフにした抽象彫刻を数多く製作した脇田愛二郎氏の作。同テーマの作品は都内にも何カ所かあるが、この松濤公園の作品はサイズも大...
>続きを読む
木村カエラ / ミッキーの中身

木村カエラ / ミッキーの中身

木村カエラ Kaela Kimura 2014(※ 12.1-12.28) 有楽町電気ビルヂング 東京都千代田区有楽町1-7-1 Yurakucho Denki Building 1-7-1 Yurakucho, Chi...
>続きを読む
朝倉響子 / マリとシェリー

朝倉響子 / マリとシェリー

朝倉響子 Kyoko Asakura 1990年制作 東京都豊島区西池袋1丁目8-1 東京芸術劇場 1-8-1 Nishi-ikebukuro, Toshima-ku, Tokyo Tokyo Metropolitan ...
>続きを読む
李禹煥 Lee Ufan / 頂 "Relatum"

李禹煥 Lee Ufan / 頂 “Relatum”

60年代後半から「もの派」の理論、製作を主導し国際的に評価を得ている作家、李禹煥の作品。西展示棟1Fアトリウム入口前の水面に真四角の厚い鉄板を置き、それを囲むように4個の石が向き合うように配置、「四方からテーブルを囲んで...
>続きを読む
籠瀬満夫 / 森の調べ

籠瀬満夫 / 森の調べ

寄贈:東京九段ライオンズクラブ 内堀通りを挟んで北の丸公園の向かいにある小さな広場に設置されたブロンズ像。 ギリシャの古楽器「アウロス」を吹く乙女をかたどっている(参考:パレスサイドビル – 竹橋ガイド)。 ...
>続きを読む
シム・ムンセップ / 木神 "Wood Deity"

シム・ムンセップ / 木神 “Wood Deity”

アントニー・ゴームリー / トゥー・タイムズⅡ "Two Times II"

アントニー・ゴームリー / トゥー・タイムズⅡ “Two Times II”

アントニー・ゴームリー Anthony Gormley 1995 東京オペラシティ 東京都新宿区西新宿3-20-2 Tokyo Operacity 3-20-2 Nishishinjuku, Shinjuku-ku, T...
>続きを読む
ジョナサン・ボロフスキー / シンギングマン "Singing Man"

ジョナサン・ボロフスキー / シンギングマン “Singing Man”

東京オペラシティ内のサンクンガーデンに設置された巨大な人体像。 顎の部分が可動式になっており、歌う様子を表現している。
植松奎二 / 浮くかたち-赤・垂

植松奎二 / 浮くかたち-赤・垂

池上本門寺五重塔を曲がった先にある区民施設入口に目印のようにある作品。作家は兵庫県とドイツ・デュッセルドルフを拠点に国内外で活動し、2013年に中原悌二郎賞を受賞した植松奎二。 鉄の板に支えられた赤い三角錐が下向きに石の...
>続きを読む
吉田左源二 / 浅草の祭り

吉田左源二 / 浅草の祭り

原画:吉田左源二 Sagenji Yoshida 1990年5月設置 東京都台東区浅草1丁目1-3 東京メトロ浅草駅 雷門方面改札そば 1-1-3 Asakusa, Taito-ku, Tokyo Tokyo Metro...
>続きを読む
平山郁夫 / 楽園

平山郁夫 / 楽園

ステンドグラス制作:クレアーレ 素材:ステンドグラス Stained-Glass Size:2.1m x 5.5m 銀座線ホームと丸ノ内線ホームをむすぶ連絡通路の途中,B10出口そばにある広場「銀座オアシス」の壁面を飾る...
>続きを読む
日比淳史 / アンモナイトレリーフオブジェ

日比淳史 / アンモナイトレリーフオブジェ

素材:SUS・銅 ・鉄・鉄屑・アルミ Size:H2500×W1100×D100mm 自由が丘駅から徒歩3分、遊歩道に面した美容室入口に設置されたオブジェ。 鉄を素材にオブジェ、舞台美術などを制作してきた日比氏の作品。
藤原吉志子 / 羽田の空に飛行機がとんだ

藤原吉志子 / 羽田の空に飛行機がとんだ

物語性のある具象彫刻の作風で造形作家として活躍し、都市景観に関心を持ち全国各地のパブリックアートを製作してきた作家。展望台エレベーター棟奥にある作品。タイトル通り大田区にある羽田空港をモチーフに寓意に満ちた造形世界が展開...
>続きを読む
藤原吉志子 / 馬込文士村

藤原吉志子 / 馬込文士村

物語性のある具象彫刻の作風で造形作家として活躍し、都市景観の彫刻として全国各地のパブリックアートを製作してきた作家。馬込文士村とは大正末期から昭和初期にかけて、大田区山王、馬込一帯に作家、芸術家らが多く住んでいたことから...
>続きを読む
ジャン=フランソワ・ブラン / 空間

ジャン=フランソワ・ブラン / 空間

池上本門寺そばにある区民施設に設置された作品。空を切り取ったようなドーナツ状のオブジェが柱につけられ3本並べられている。根元はベンチになっており、高台からの風景を眺められる場所になっている。
橋本活道 / 回天一枝 太田道灌騎馬像

橋本活道 / 回天一枝 太田道灌騎馬像

東京荒川ライオンズクラブ寄贈 素材:ブロンズ Size:W4.0×D4.0xH8.0m 彫刻家・北村西望の弟子で僧侶でもあった橋本活道による作品。1989年12月設置 室町時代の武将太田道灌の山吹伝説をもとに、「回天」の...
>続きを読む
蔡國強 / 亀の噴水

蔡國強 / 亀の噴水

幸運を呼ぶ動物とされているアカウミガメの学名『Caretta Caretta』から名付けられた『カレッタ汐留』のシンボルとして親しまれている噴水。 中国出身の世界的現代美術のアーティスト蔡國強(ツァイグォチャン)により、...
>続きを読む
金昌永 / SAND PLAY 005

金昌永 / SAND PLAY 005

駅舎のデザインコンセプト「地層」に合わせた土をテーマとした作品。何種類もの砂を薄く重ねて塗り込んだ上に油彩で影を表現している。立体的に見えるがリアリスティックに描かれた平面作品。