http://at-art.jp/wp-content/uploads/2015/11/kawasaki_florian1.jpg

フロリアン・クラール

Florian Claar

2003年

神奈川県川崎市幸区大宮町1310 ミューザ川崎2階

MUZA KAWASAKI 1310 Omiya-cho, Saiwai-ku, Kawasaki-shi, Kanagawa

http://at-art.jp/wp-content/uploads/2015/11/kawasaki_florian2.jpghttp://at-art.jp/wp-content/uploads/2015/11/kawasaki_florian3.jpg

素材:アルミニウム
Size:高1.8 x 幅12.6m
アートワークデザイン 株式会社日本設計
協力 清水敏男/TOSHIO SHIMIZU ART OFFICE

フロリアン・クラールは1968年ドイツ、シュトゥットガルト生まれ。現在、神奈川県在住。
1990年代半ばより日本を拠点に活動し、音楽や科学、数学に基づいた作品を制作している。国内外の彫刻コンクールで入賞、東京ミッドタウンなど野外彫刻作品も制作している。

商業空間とシンフォニーホールを結ぶガレリア通路に設置された作品。シンプルな形状をコンピューター上で変形させて有機的な形状を作成。タイトルのムネミオプシス・レイディ(学名:Mnemiopsis leidyi)とは、カブトクラゲ目に分類される有櫛動物の一種。クラゲのようなやわらかい有櫛動物を思わせつつ、動機(ムーブメント)が音楽、シンフォニーで複雑に展開していく様を表現している。

Pocket