http://at-art.jp/wp-content/uploads/2015/11/kawasaki_dono2.jpg

ヘリ・ドノ

Heri Dono

2003年

神奈川県川崎市幸区大宮町1310 ミューザ川崎2階 オフィスビルエレベーターホール

MUZA KAWASAKI 1310 Omiya-cho, Saiwai-ku, Kawasaki-shi, Kanagawa

http://at-art.jp/wp-content/uploads/2015/11/kawasaki_dono4.jpghttp://at-art.jp/wp-content/uploads/2015/11/kawasaki_dono3.jpg

ヘリ・ドノは1960年インドネシアのジャカルタに生まれ。87年、インドネシアの古都ジョグジャカルタのインドネシア芸術大学(略称:ISI)の美術学部を卒業。その後、インドネシアの伝統的な影絵人形芝居ワヤン・クリッを学び、現代的表現と伝統文化をミックスした絵画、インスタレーション、パフォーマンスなどを制作しているインドネシアを代表するアーティスト。

「東洋の音楽/伝統音楽」をテーマに、ワヤン・クリッの音楽で使われるドラをモチーフにした作品。オフィスビルの低層エレベーターホールに設置されている。
ドラはインドネシアで目撃されたUFOの形をしており、UFOの通った下の畑は豊作になるというインドネシア農民の言い伝えからこの作品の下を通る人々に幸せが訪れることを願って制作された。奥のステンドグラスはヘリ・ドノがデザインし、川崎市内で活動しているステンドグラス工房アートプレイスが製作。

素材:真鍮、スチール、ステンドグラス
彫刻 長さ6.5 x 幅1m/
ステンドグラス 縦2.6 x 横1.8m
制作:ステンドグラス工房アートプレイス 岡本哲夫・和子 Kazuko and Tetsuo Okabe
アートワークデザイン 株式会社日本設計

Pocket