http://at-art.jp/wp-content/uploads/2015/12/nakahara_nagae1.jpg

長江真弥

Shinya Nagae

1988年

神奈川県川崎市中原区等々力1ー1 等々力緑地 21世紀の森

Todoroki Ryokuchi Park 1-1 Todoroki, Nakahara-ku, Kawasaki-shi, Kanagawa

http://at-art.jp/wp-content/uploads/2015/12/nakahara_nagae2.jpghttp://at-art.jp/wp-content/uploads/2015/12/nakahara_nagae3.jpg

1988年に川崎市市民ミュージアムの建設を記念して行われた彫刻展市長賞受賞。等々力緑地内21世紀の森、市民ミュージアムへの道に設置されれている。
長江真弥氏は1958年川崎市生まれの彫刻家、長江録弥氏の長男。青山学院大学卒業後、東京学芸大学美術家彫刻研究室で彫塑を学び、1985年より社団法人二紀会にて作品発表を行う。長年父である長江録弥氏のモデルを務め、作品制作を支えてきた。

Pocket