http://at-art.jp/wp-content/uploads/2015/12/mm_hirayama1.jpg

平山郁夫

Ikuo Hirayama

1994年

神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1 国立横浜国際会議場国立大ホールエントランス

National Convention Hall of Yokohama entrance 1-1 Minatomirai, Nishi-ku, Yokohama-shi, Kanagawa

http://at-art.jp/wp-content/uploads/2015/12/mm_hirayama2.jpghttp://at-art.jp/wp-content/uploads/2015/12/mm_hirayama3.jpghttp://at-art.jp/wp-content/uploads/2015/12/mm_hirayama4.jpghttp://at-art.jp/wp-content/uploads/2015/12/mm_hirayama5.jpg

Size:W20×H14m
素材:ステンドグラス
企画・製作:財団法人 日本交通文化協会

パシフィコ横浜国立大ホールのエントランスに設置されたガラス12500ピースという世界最大規模のステンドグラス作品。プラネタリウムのような巨大さで大きすぎて写真に収まらないほどのサイズである。原画は1930年広島県生まれの日本画家平山郁夫氏。国立大ホールのオープン日である1994年の開港記念日(6月2日)横浜上空の星空をコンピューター解析して星座を配置し、星の神話、ギリシャ神話の世界を描いている。

不定期に一般公開もされている(パシフィコ横浜Webサイトにて公開日を要確認)。

【描かれている星座】
天の川、乙女座、天秤座、狼座、さそり座、ヘビ・ヘビ使い座、ヘラクレス座、射手座、琴座、ワシ座、いる か座、矢座、こぎつね座、白鳥座

Pocket