http://at-art.jp/wp-content/uploads/2015/12/portside_family1.jpg

エットーレ・ソットサス

Ettore Sottsass

1994年

神奈川県横浜市神奈川区栄町6 E-2街区広場

6 Sakaecho, Kanawaga-ku, Yokohama-shi, kanagawa

http://at-art.jp/wp-content/uploads/2015/12/portside_family2.jpghttp://at-art.jp/wp-content/uploads/2015/12/portside_family3.jpg

コーディネート:浜野綜合研究所

「アート&デザインの街づくり」をコンセプトに再開発を進めてきた横浜ポートサイド地区に設置されたモニュメント作品。制作したのは、1917年オランダ生まれの建築家、インダストリアル・デザイナーエットーレ・ソットサス氏。

「機能のない単なる飾りではない作品をつくりたいと発想し、建築物や都市を考えるための「道具」として、このモニュメントを構想した」という。

ソットサスは「この作品の中からユーモアのセンスを感じ取ってほしい。テクノロジーの粋を集めた巨大な建造物群の中で、このモニュメントから、誰もがノスタルジアを持つ、どこか懐かしい『家族とともにあった少年時代』を感じてもらえれば」と語った。(ヨコハマポートサイド街づくり協議会HPより)

Pocket