http://at-art.jp/wp-content/uploads/2015/12/portside_dock1.jpg

岡本敦生

Atsuo Okamoto

2003年

神奈川県横浜市神奈川区栄町10ー35 F-1街区 ザ・ヨコハマタワーズ中庭

The Yokohama Towers 10ー35 Sakaecho, Kanawaga-ku, Yokohama-shi, kanagawa

http://at-art.jp/wp-content/uploads/2015/12/portside_dock2.jpghttp://at-art.jp/wp-content/uploads/2015/12/portside_dock3.jpghttp://at-art.jp/wp-content/uploads/2015/12/portside_dock4.jpg

「アート&デザインの街づくり」をコンセプトに再開発を進めてきた横浜ポートサイド地区に設置されたパブリックアート作品の一つ。F-1街区再開発組合によって企画され、高層マンションのザ・ヨコハマタワーズに6名の作家の10作品が設置された。

ランドマークタワーに隣接した旧三菱重工横浜船渠第2号ドックで使用された築造石は、明治30年代に伊豆半島から切り出された新小松石で、全て手彫りで加工された貴重なものだという。この石の持つ歴史性、素材の表情を使って何かできないかということから、岡本氏を講師に「金港公園」をテーマにした行政、住民と学生のワークショップを開催。その後、ザ・ヨコハマタワーズ中央広場に三菱重工ドック旧材を用いて作品を制作した。

岡本氏は1951年、広島市に生まれ、多摩美術大学大学院彫刻科修了の彫刻家。国内外の野外彫刻展を始め多数出品し活躍している。

Pocket