http://at-art.jp/wp-content/uploads/2015/10/atami_sl7_4.jpg

1907年

静岡県熱海市田原本町6-7 JR熱海駅前

6-7 Tawara-honcho, Atami-shi, Shizuoka

http://at-art.jp/wp-content/uploads/2015/10/atami_sl7_2.jpghttp://at-art.jp/wp-content/uploads/2015/10/atami_sl7_3.jpghttp://at-art.jp/wp-content/uploads/2015/10/atami_sl7_1.jpghttp://at-art.jp/wp-content/uploads/2015/10/atami_sl7_5.jpg

国鉄熱海線(現東海道本線)開業前の明治40年から大正12年まで、熱海=小田原間を25kmを2時間40分で走っていた軽便鉄道の機関車。
関東大震災によってこの路線は廃止されたが、各地の鉄道建設工事で活躍し神戸市の国鉄鷹取工場内で標本車として展示されていたものを熱海市が払い下げを受け修復。交通記念物として展示されている。その低重心な形状から「へっつい機関車」とも呼ばれた。
1907年、池貝鉄工所製。1976年にJR東日本より準鉄道記念物に指定されている。

Pocket