http://at-art.jp/wp-content/uploads/2017/04/tetrahedrons_1_R.jpg

堀内正和

Masakazu Horiuchi

1990年

東京都新宿区西新宿2丁目8-1 東京都庁第二本庁舎

Tokyo Metropolitan Govenment Building No.2, 2-8-1 Nishi-shinjuku, Shinjuku, Tokyo

http://at-art.jp/wp-content/uploads/2017/04/tetrahedrons_2_R.jpghttp://at-art.jp/wp-content/uploads/2017/04/tetrahedrons_3_R.jpghttp://at-art.jp/wp-content/uploads/2017/04/tetrahedrons_4_R.jpghttp://at-art.jp/wp-content/uploads/2017/04/tetrahedrons_5_R.jpg

東京都庁におかれたパブリックアート38作品のうちのひとつ。
第二本庁舎のロビーの中央にあり,1階から2階まで突き抜けている。

作品名が示すとおり,柱の上下2ヶ所を四面体の集合体がとりかこんでいる。下は大きな正四面体が2つ合わさった単純な形だが,上は小さな正四面体が複雑に組まれており一部に穴も開いている。

作者の堀内正和氏は,抽象彫刻の第一人者で,1911年京都生まれ,2011年死去。
もともと具象彫刻を制作していたが,抽象彫刻に移行し,1954年にはじめて鉄溶接での彫刻を制作。日本国内に数多くのパブリックアートを残した(三重県立美術館HPの年表による)。

Pocket