http://at-art.jp/wp-content/uploads/2017/04/pedestale_of_the_sky_1_R.jpg

関根伸夫

Nobuo Sekine

1991年

東京都新宿区西新宿2丁目8-1 東京都庁

Tokyo Metropolitan Govenment Bldg., 2-8-1 Nishi-shinjuku, Shinjuku, Tokyo

http://at-art.jp/wp-content/uploads/2017/04/pedestale_of_the_sky_2_R.jpghttp://at-art.jp/wp-content/uploads/2017/04/pedestale_of_the_sky_3_R.jpghttp://at-art.jp/wp-content/uploads/2017/04/pedestale_of_the_sky_4_R.jpg

東京都庁におかれたパブリックアート38作品のうちのひとつ。
第一本庁舎と第二本庁舎をむすぶ2階広場のふれあいモールに設置されている。

魚眼レンズで街並みを映したかのように,高層ビルや山などの色々なモチーフが内側にむけてそびえており,これによって中心部の空の存在が暗示されているようだ。

作者の関根伸夫氏は日本を代表する現代彫刻家・現代美術家で,日本国内をはじめ海外にも多くのパブリックアートを制作してきた。1960年代後半からの現代美術のムーブメントである『もの派』を牽引した作家のひとりでもある。現代美術家,李禹煥との親交も深い。

Pocket