http://at-art.jp/wp-content/uploads/2015/06/numazu_boshizo_1.jpg

重岡建治

Kenji Shigeoka

1986年

静岡県沼津市高島町3丁目1 リコー通り北入口

RICOH St. North Entrance, 3-1 Takachima-cho, Numazu-shi, Shizuoka

http://at-art.jp/wp-content/uploads/2015/06/c65cd12e26c7730f07a0763ef6895e64.jpghttp://at-art.jp/wp-content/uploads/2015/06/864236a008cead18b3e0c20df52a8e0d.jpghttp://at-art.jp/wp-content/uploads/2015/06/070abe0600f7ddce18894d67c039e7de.jpghttp://at-art.jp/wp-content/uploads/2015/06/68d42eb963f7a12f94aa41ba6b6c99e9.jpg

沼津駅北口から徒歩5分ほどのメインストリート,リコー通りの入口に置かれたパブリックアート。
母子が抱き合うさまを表現した抽象彫刻。

日本をはじめイタリア,スイス等の街路に数多くの彫刻を制作している,重岡建治氏による作品。
重岡氏は熱海に在住していた時期があり,2014年現在も伊東市のアトリエで活動するなど,静岡県にゆかりのある彫刻家でもある。

商店街『リコー通り』の名は,周辺にリコーの生産拠点や関連施設があることから付けられた。

構造・大きさ:ブロンズ製

Pocket